スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チームでパワポを作っていく際の留意点
2007.12.07(Fri)
おはようございます。

今日は、「チームでパワポを作っていく際の留意点」について紹介したいと思います。

昨日サークルの友達がプレゼン準備をしている際にふと思ったので…。

留意点は、以下の2つ。

?プレゼンテーターを確認する(決定する)
最も尊重すべきは「聞き手」ですが、チームでやっている以上
「話し手」にも考慮できるといいかなと思います。
その人のロジック話し方に合わせたパワポが理想です。
慣れ親しんだ人とチームを組む場合は問題ありませんが、
急造のチームだったり、初対面の人だった場合は
事前にその人に軽くプレゼンしてもらい軽く話し方や
ロジックを確認するのもありですね。

?パワポの更新(作成過程)を逐一共有する。
これは最近思ったことです。
これはメンバーに安心感を与えたり、
大きなズレが発生するリスクを軽減したりします。
イメージとしてはVer1を公開した後にVer2を共有するのではなく、
Ver1のあとはVer1.3を共有するような感じです。
これなら、最悪製作成過程を戻らなければならなくなった時に
パワポの作成者やメンバーに不安を軽減できます。
Ver2からVer1に一気に戻るよりもVer1.7に戻れたほうが
安心できますよね。


今日のところはこんな感じで。

僭越ながら、思ったことを書かせていただきました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。