スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメ周りにマーケティング的な視点を持ってみる
2009.11.10(Tue)
アニメ周りで気になるニュースが2つあったので。

?ファンの熱意でBD化が決定した「true tears」、本日からブルーレイBOXの予約受付開始 - GIGAZINE

これは、Blu-ray Discフォーマット普及のため設立されたブルーレイ・ディスク・アソシエーションという組織が

BDで見てみたいアニメで投票を行って、1位になったものがBD化されれるというもの。

そんで、1位が僕も大好きなTTだったという話です。

マーケティング的な視点で見るととても面白くて、

投票形式にすることによって、かなりファンを囲い込めるし、
(自分の好きなアニメに投票して、かつそれが優勝してBD化されるとなれば、ロイヤリティは爆上がりなはず)

ニュースバリューはあるし、

そんでもって2000枚の受注がなければ、発売しない。=リスクがない


2000枚っていう基準が気になるところです。

2000枚さばければ、儲かるってことでしょうね。

トントンではないはず。


?映画「涼宮ハルヒの消失」2月6日からロードショー、前売券は11月21日から発売開始 - GIGAZINE

こちらもアニメ業界では、期待作中の期待作。

映画自体の上映時間がすごく長いのもおもしろいですが、

前売り券の発売日(11月21日)に注目。

これ、マクロスF(フロンティア)とかぶってるよね。

これで映画館に訪れる、アニメファンを囲い込もうってことですかね。

結構あたり前にやられてるようなことだと思うけど。。。


てか、前売り券の発売日が決まっただけでこれだけ話題になるハルヒはやっぱすごいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。