スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学生の内定実情?まだまだ売り手市場
2008.02.23(Sat)
e_04.gif

いやーアニメの記事がないと暇すぎますね…。


なんでまじめな記事をここらで貯めておきます笑


学生としては、気になるニュース。


以下から

-MarkeZine:◎学生の内定社数は4年連続で増加、「内定辞退したことある」65.2%【リクルートの就職白書2007】-


 08新卒採用のスケジュールについては、「早まった」と答えた企業は51.2%にのぼり、昨年度(49.0%)を上回って5割を超え、09新卒採用スケジュールについても「早まる」とした企業は41.1%に達している。こうした採用スケジュールの早期化・長期化の背景には、「優秀な人材の確保」(82.9%)、「競合対策」(56.9%)などの理由が多くあがっているという。



確かに先輩の話聞いてると、すごい早いもんなぁ。


でも早期に人材を確保することが、上記の「優秀な人材の確保」、「競合対策」につながるんでしょうかね?


最終的にそこの企業に行くかどうかを決めるのは学生の方ですし、


先輩と腹を割って話しても「早期に内定が出たから」という理由で、企業を決めた人はいません。


どちらかといえば、セミナー・説明会の時期うんぬんよりも内容が大切かと。


●社のインターンが面白いとか、☆社の人事は面白いから一回会っとけ!なんて口コミはごまんとあります。


現二回生の私に伝わってくるほど。


逆もしかりですが・・・・。


採用スケジュールを早めたり、伸ばすことに投資するよりも、もっと違うところ(インターンのコンテンツや社内の人と触れ合える機会をつくるなど)


に投資していただけると


学生としてはうれしいです
スポンサーサイト
Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。