スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転職市場から経済を見てみる。
2009.11.27(Fri)
なかなか、インパクトのあるニュース。

人材紹介大手3社、2009年度上半期の転職紹介人数が半減 - 人材採用・人材育成の専門紙?日本人材ニュース

このニュースによれば、

___

人企業の業種にみると、電気・機械・化学等製造(前年同期比33%)の下げ幅が最も大きい。IT・通信(同47%)、金融(同51%)、コンシューマー他(同53%)はほぼ半減。メディカル(同85%)は下げ幅が小さく、不況に強い業界であることを示している。

___

内定先の主なマーケットである、

電気・機械・化学等製造(前年同期比33%)

このあたりの不況感は、かなーり痛いですね。

ただ、うちのマーケットは設備投資額であり、

転職者の受け入れではないので、一概には言えませんが。(ならなんでこんな記事書いた^^)

おそらくメーカー各社はモノ>ヒトのウエイトで動いているはずなので、

まずは、設備投資が回復していくでしょう。

今のドル安が痛いだろ。って声もあるでしょうが。。。


とりあえず、今年の就活生は、(俗にいう)メーカに行くのは今年以上に狭き門になりそうですね。

こういうデータも就活には使えるので、要チェックです。


S社やP社が大量採用していた時期が懐かしいですねぇ。
スポンサーサイト
Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。