スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美男でなく醜男の方が美女をゲットする理由-恐らく簡単です
2008.01.22(Tue)
なぜブサメンの方が美女をゲットできるのでしょう。


生物学的な観点から書いてありました。


なかなか長いです。


イケメンではなくブサメンな男に限って美人の彼女をゲットする理由 - GIGAZINE


本記事の結論はこう。

■では、なぜかっこいいわけでもない男性にものすごく美人の彼女ができるのか?
ようやく題名の問題に近づいてきました。まず、これまで見てきたように、男性は肉体的に魅力的な女性を探す傾向が強く、一方で女性は身体的な魅力よりは富と社会的地位といったものを相手の男性に求めます。この男女間における優先する条件の差が如実に表れるのがいわゆる「美女と野獣」の組み合わせであり、現実世界で最も有名な例が、「F1界の支配者」とも呼ばれるほどの地位と金を持つバーニー・エクレストンとその妻、スラヴィカ・エクレストンの組み合わせです。妻はクロアチア人の元ファッションモデルだそうで。以下がその写真。



うーん。普通すぎる・・・。


そこで、自分も2分だけ考えてみた。


以外に簡単な結論が出た。


以下のような仮説も考えられないだろうか?


?美男美女カップルを見ると劣等感が生じ、自分の中で勝手に記憶からなくなる。


?酷男美女のカップルを見ると嫉妬が生じる。+話のネタにもなりやすいため記憶に残りやすい。


?結果として、?のカップルの方が相対的に記憶に残りやすいため


「イケメンではなくブサメンな男に限って美人の彼女をゲットする」という印象が残る。(あくまで印象、統計的な観点ではない。)



こんな仮説はどうだろう?


ご意見お待ちしています!
スポンサーサイト
Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。